ライフ

ag COTSUBUをレビュー!片耳での使用は?【Bluetoothイヤホン】

ワイヤレスイヤホンCOTSUBUのレビュー記事のアイキャッチ ライフ

今回はag製の完全ワイヤレスイヤホン「COTSUBU」を購入・使用したのでレビューします。結論から申し上げますと、かなりおススメです。価格的にも手が届きやすいと思うので、ワイヤレスイヤホンでどれを購入すべきか迷っている人は候補に入れることをおススメします。

スポンサーリンク

ag COTSUBUのスペック

今回購入したCOTSUBUは、いわゆる「完全ワイヤレス(Bluetooth)のカナル型イヤホン」です。

主なスペックは以下の通り。

  • Bluetooth(ver5.2)で低遅延、省エネ
  • 最大再生時間20時間(本体:5時間、ケース:15時間)。充電端子はUSB-C。
  • マイク付き(通話に利用)
  • 防水IPX4(雨・汗でぬれる分には大丈夫。シャワーなど直接水流が当たるのはNG)
  • 片耳ずつの使用可
  • ケースがコンパクト(55×40×25mm)

カラーは7種類もあります。

COTSUBUのカラーバリエーション
公式(https://final-inc.com/products/cotsubu_ag)から引用

淡めの自然色が多めです。

いつも逃げ?の選択で「黒」を選びがちな私ですが、今回は「SKY」を選びました。

スポンサーリンク

ag COTSUBUの内容物

内容物は以下の通り。

COTSUBUの内容物
予備イヤーピースが上画像に含まれていませんが付属しています
  • ケース+イヤホン
  • 取扱説明書+利用にあたっての説明書
  • USBケーブル(Type A – C)
  • イヤーピース:2サイズ分(つまり商品としては計3サイズ付属)

取説に関しては日本企業なだけあって日本語が自然です。
(最近は取説も多言語化していて日本語のクオリティが怪しいことはちょくちょくありますがご安心を)

スポンサーリンク

ag COTSUBU のレビュー・使用感

まずは音質に関して。

この価格帯においては良い方かと思います。少なくとも問題を感じる人はいないでしょう。

次は通信の接続に関して。

ケースを開けてイヤホンを取り出し、耳に装着するころにはイヤホンと親機(スマホ)と接続が完了しているくらい、再接続が早いです。
使用中の通信も安定しています

片耳だけ使用したい場合は、使わない側をケースに仕舞うだけです。
最初から片方だけ、途中から片方だけにする、のどちらも可能です。

装着感に関しては、しっかり奥まで入ってくる感じがあります。
その影響か他イヤホンと比較して、フィット感が強く外れるリスクも低いと感じます。

使用して感じた他魅力を以下に書きます。

ケースがコンパクトで、取り回しが良いです。私はポケットに入れる派なので小さいのは地味に助かってます。

本体・ケースともに表面の加工がすこしザラザラ(粉雪塗装というマットな仕上げ)しており、滑りにくい(=掴みやすく落とすリスク減)です。
ただケースに関してはツルツル素材の他商品と比較して少し汚れが付きやすい気がします。
(まぁ私がポケットに入れる派なのが問題な気もしますが、、、)

スポンサーリンク

COTSUBU レビューまとめ

魅力は以下の通り。

  • 再接続が早く待たされない
  • フィット感が強く、落ちづらい
  • ケースがコンパクト
  • 片耳での使用が可能

4000~1万円以内という価格帯は、特段性能が良いものが欲しいわけではないが良い商品を買いたい、というコスパを求める領域だと思います。

その領域においてこの「COTSUBU」は納得する商品だと思うのでおススメです。
お好みの色選択とコンパクトさで気に入ると思います。

以下関連リンク。

以下のJBL(WAVE BUDS)イヤホンはフタ無しケースが特徴です。
個人的には今回紹介したCOTSUBUの方がおススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました